食事について

レストラン曽爾高原の使い方

  • 人数が100名以下は 1 レーン、30 人以下はカウンター、 10 人以下の場合は盛付で提供します。
  • 食育の観点でセルフサービス方式を導入しています。自分自身の身体を作るための食事として、バランスよく考えてとるよう指導をお願いします。
  • お代わりできますが、「食べ放題」ではありません。食べきれる量を盛ってください。
  • 使用時間は自然の家が利用者に応じて指定します。
  • 食事時間は、30 分から 45 分程度です。多くの団体が利用いたします。ご協力願います。
  • 各テーブルで「いただきます」「ごちそうさま」をして、順次退出してください。

く食材レーンの使用方法>

①トレイ・箸・取皿をとる
②取皿におかずをよそう
③ご飯、味噌汁(スープ)をよそう
④一旦席にトレイを置き
⑤ドリンクを取る(ボタンは一度だけ)
⑥食事をする

<片付け方法>

⑦食器を番号順⑦→⑧に片付ける
⑧残飯、ゴミを捨てプールに入れ
⑨そのまま出口から退出する

<注意>

  • 荷物は持ち込まないようお願いします。(水筒は入口でまとめ、食堂出口奥の机で受け渡し)
  • すべりやすいので、食堂内は走らないようにしましょう。またレーンは一方通行です。
  • 混雑防止のため食事後は、そのまま退出してください。食後の打合せ、連絡等は行わないでください。
  • 原則、座席は食堂スタッフが案内します。

<給湯場の使用方法>

  • 食堂の営業時間内に利用してください。
  • 衛生管理のため、設置のやかんは食堂外へ持ち出さないでください。(事務室に貸し出しできるやかんが別にあります)
  • 子どもたちの飲食中に、引率者の方が水筒等に補充するようにしてください。

スムーズな食堂の利用にご協力をお願いいたします。