ディスクゴルフ

ねらい

 ゴルフボールの代わりにフライングディスクを使用し、カップ代わりのゴール(バスケット型) に入れるまで投げる回数を競うゲームで、満足感、爽快感を体感しながら、判断力、推理力、 体力を養います。また、コースを回る過程で様々な自然に親しむことができます。

時期・時間

  • 年間を通じて活動可能
  • 2~3時間

準備

自然の家で貸し出しできるもの

  • フライングディスク
  • ゼッケン
  • 無線機(代表者に1台。複数必要な場合は要相談)

利用者で準備するもの

  • コース図・スコアーカード
    (必要な枚数を印刷して下さい)
  • 鉛筆
  • 野外活動に適した服装

活動内容

  • 各ホールのスタートは定められたところからスローしてください。(イン・アウトコース のどちらからでもスタートできます。多人数の場合、両方に分かれた方がいいでしょう。)
    スタート地点には緑色のくいが2本立っているので、それを結んだ線に立ってスローしてください。
  • セカンド・スロー以降は、前にスローしたフライングディスクが止まった地点からスローしてください。フライングディスクの位置に片足を置き、もう一方は真横あるいは後方においてスローしてください。
  • 各ホールのティースロー順は、最初のホール以外はすべて、前のホールのスコアのよい順に行ってください。
    また、各ホールでのセカンド・スロー以降のすべてのスローは、投数に関係なくゴールから最も遠い人からスローするようにしてください。

留意点

  • すぐにコースに出るのではなく、全体でスローイングの練習をしてください。
  • 指導者は、参加者にコース外にフライングディスクが出た場合や木に止まった場合は、無理をさせず、安全を確認した上で取りに行くことを連絡してください。また、少しでも危険であると判断される場合は、指導者が取りに行くか無線等で自然の家職員に連絡して下さい。
  • 指導者は、巡回を行い安全にゲームが進行されているかを確認してください。

基本スローイング

(1)バックハンドスロー

〈握り方〉
図1・2のように、ディスクの表面に親指を置き、人さし指はリム(ヘリ)にそってのばして下さい。
中指・薬指・小指は、リムを包み込むように握ります。

〈投げ方〉
体の位置は投げる方向に対して、45°程度に構え、手首を充分に曲げ、ディスクを巻き込むようにテイクバック(腕を後ろへ引くこと)します。(ディスクは、地面と平行にしておく)
あとは、勢いよくディスクを投げ出しますが、ディスクに十分な回転をつける事に最も注意を払ってください。
(スナップをきかせて投げる。)

(2)サイドアームスロー

〈握り方〉
図5・6のように親指、裏に人差し指と中指となるように3本の指でつまむようにディスクを持ちます。残り2本の指は軽く握ります。

〈投げ方〉
図7・8のように投げる方向に対してやや斜めに立ちます。
手首の力を抜いて中指で弾くようにディスクを投げ出します。
肘から先だけを動かすようにして、回転をうまくディスクにかけてください。

このページのPDFファイル(印刷等にご利用ください)

資料