うどん作り

ねらい

 みんなと力を合わせてうどんを作り、伝統的な技法に触れることで、楽しく食べられるだけでなく、友達との絆を一層深めることもできます。

時期・時間・場所

  • 年間を通じて活動可能
  • 3~4時間
  • 小学校中学年以上で、4人以上で行うのが望ましい。

屋内:クラフトホール(50人程度)

準備

自然の家で貸し出しできる物

  • 麺打ち台・麺のばし棒
  • 鍋・ザル・ボウル
  • はかり・計量カップ
  • 麺切り包丁・こま板
  • カセットコンロ
  • 炊事用食器セット

利用者で準備する物

  • うどん材料(4人分)<返品不可>
  • 箸(材料注文数より多めに必要な場合)
    →「食事注文書」で注文
  • ふきん・ビニール手袋(薄手)
    大きめの厚手ビニール袋←生地踏み用
    (グループに2枚)
  • ガスボンベ(班数分)
    →「売店注文書」で注文

※材料の注文はご利用2週間前までにお願いします。(食事注文書を提出してください)
※セット数などの変更は利用当日を含まない1週間前の10:00までになります。

費用について

材料(4人分)400円小麦粉500g・食塩・つゆ・ねぎ(返品不可)
ガスボンベ1本170円
割り箸1膳10円

活動内容

  • 資料「うどんづくりレシピ」を参考に、進めて下さい。

留意点

  • 当所職員と事前に十分相談してください。
  • テーブルは、人数のことも考慮して準備しておきましょう。
    生地を作るテーブルとお湯を沸かすテーブルは、十分間隔を取って準備してください。
  • 生地をねかしている間に、食べるための準備ができるように計画を立ててください。
  • 活動場所は主としてクラフトホールです。
  • うどん作りが終わったら、みんなで協力して使った道具をきれいに洗い、ふきんで拭きましょう。その後、職員の点検を受けてからもとの場所にもどしてください。

このページのPDFファイル(印刷等にご利用ください)

資料