フィールド・アスレチック

当所のフィールド・アスレチックは、コナラ、ミズナラ等の木立の中に、自然の地形を利用して、約300mのコースに意図的に木材やロープを用いて13種目のポイントを配置しています。子どもたちが、それらに挑戦することによって気力や体力を養うとともに、内在する冒険心を子どもたちが、それらに挑戦することによって気力や体力を養うとともに、内在する冒険心をも満たすべく設けられたものです。

 

ね ら い

  (1)困難な種目に直面しても、勇敢に対処する強い意志を養うことができます。

  (2)グループで励まし合い、助け合いながら進んでいくことによって、協力の大切さを知らせることができます。

  (3)各ポイントで体全体を使うことにより、体力の向上をめざします。

  (4)木立の中で体を動かす喜びを味わいます。

 

時期・時間

    (1)年間を通じて活動可能

    (2)1時間30分~2時間

 

準   備 

  自然の家で貸し出しできる物  利用者で準備する物
  無線機(代表者に1台。複数必要な場合は相談要)      野外活動に適した服装  手袋  

 

留 意 点

  (1)山の斜面に沿って設営しているため、天候等により、全部または一部の使用を禁止する場合があります。

  (2)引率指導者は、事前にコースの下見をしておいてください。その際、危険箇所や利用者個々の能力により、

     各ポイントが実施できるか否かを判断していただくとともに、引率指導者の配置が必要な場所の確認を

     お願いします。    

     ※雨の後はすべりやすいので、必ず引率者が確認してからスタートしてください。

  (3)引率指導者は、フィールド・アスレチックの種目紹介や安全確保及びその他必要事項について、事前に参加者に

     説明しておいてください。

  (4)本アスレチックは、引率指導者の直接指導のもとに行ってください。

  (5)けが等の事故、天候の急変など緊急を要する場合の連絡及び処置の方法について、事前研修をお願いします。

     (無線機をお渡ししますので、必ず携帯し、緊急の場合は当所事務室と連絡をとってください。)        

        

種目紹介

 番号   種  目   内  容    注意事項  
1    丸太ころがし    グループで助け合いながら体や棒で丸太を転がし、往復する。左右均等に力を加える。 丸太に手や足を巻き込まれないように注意する。
2        長ゲタすすみ        グループで助け合いながら長ゲタの上に乗り、呼吸を合わせて進む。    他のグループのペースを気にせず、自己のグループのペースを守る。 リーダーが号令をかけてから始めると進みやすい。
3  トンボうつり  一人でブラブラする丸太の上を進む。ロープをしっかり持って進む。 滑るので注意する。
4        つり橋わたり        一人で丸太に登り、ブラブラするつり橋を渡る。      一人ずつゆっくり渡ること。 雨の後等は滑りやすい。 後続者はロープを揺らさない。谷を渡るため転落に注意。 ※引率者の配置が必要。
5        曽爾高原飛行        一人でロープにつかまって空中を滑り降りる。      ロープをしっかり持つこと。 着地に注意する。 後続者はロープを揺らさない。 谷を渡るため転落に注意。 ※引率者の配置が必要。
6    岩壁のぼり    一人で丸太をよじのぼって進む。  滑りやすいのでしっかり持って登ること。 グループで助け合っても良い。
7      ネットとびつき      一人でロープにぶら下がりネットに飛び移る。    ロープをしっかり持ち、ネットにとびつく。 握力の弱い人はロープを股に挟むと良い。
8  円盤飛行  一人で円盤に乗り、ロープを引っ張って進む。バランスを崩さないこと。 着地に注意する。
9    洞窟探検    一人で丸太の穴をくぐりぬけて進む。  頭の方から進み、頭を打たないように注意する。 丸太の上を歩くのも良い。
10        一本綱わたり        グループの仲間が引っ張っているロープの上を一人で進む。    ロープをゆるめたり揺らしたりしないこと。 上部のロープをしっかり持っていること。 雨の後等は滑りやすい。
11    冒険とりで    丸太やロープを一人で工夫しながら渡る。  一人ずつ渡ること。 後続者は揺らさないこと。 雨の後等は滑りやすい。
12  お城ジャングル  丸太やロープをつたわって展望台に登る。降りる時に注意する。 雨の後等は滑りやすい。
13    丸太つきあげ    グループで、1、2の3の合図で丸太を引き上げ、球を3回突く。丸太が落ちる時に注意する。    

 

No.6 岸壁のぼり

       

No.5 曽爾高原飛行

      

このページのPDFファイル(印刷等にご利用ください)

資料

https://soni.niye.go.jp/cms/wp-content/uploads/2021/09/311e451547b0b333bd25f9a16c0cd05b.pdf