◆アカザ
アカザ ギギ科アカザ属

体は暗橙色で下方はうすくなる。成魚体長10cmぐらい。口に4対8本のひげがあり、体にうろこはない。
おもに川の上流の川底に住んでいる。昼間は石の下などに隠れ、夜に活動する。岩の間を伝うように泳ぎ水生昆虫などを取って食べる。5〜6月に産卵する。強くにぎると刺されることがある。
絶滅危惧種。

曽爾での呼び名:アカミソ





◆アジメドジョウ
アジメドジョウ ドジョウ科シマドジョウ属

うすい褐色に連なった暗褐色の斑紋がある。成魚体長10cmぐらい。上流の流れの速い瀬の部分にいて、湧き水の出る川底で越冬する。唇は太く口ひげが上に2対、下に1対ある。
アユと同じように付着藻類を食べているので、泥臭くなく大変おいしい。中部地方から近畿地方にかけて分布する。
日本特産種である。

曽爾での呼び名:カワドジョウ





◆アブラハヤ
アブラハヤ コイ科アブラハヤ属

背面は緑褐色で側面は腹にいくほど白くなる。成魚体長13cmぐらい。産卵期は4〜6月で、昼間の水温が12〜14℃に達した頃から始まる。
食欲は旺盛で、米粒やえさのない針だけでも釣れ、釣針がのどの奥まで入るのが困る。消化管は必ず取り出して、テンプラや唐揚げにして食べるのが良い。

曽爾での呼び名:ゲンク





◆アマゴ
アマゴ サケ科サケ属

背面は濃緑色で黒い大きな斑点が8個ほどある。また赤く小さい斑点が広くある。成魚体長20cmぐらい。昼間に落下や流下する昆虫などを食べる。
最近は養殖されたものが広く放流されている。曽爾川にも10月頃放流され、翌年2月末まで禁漁期間である。塩焼きにして食べるとおいしい。

曽爾での呼び名:アメゴ





◆アユ
アユ キュウリウオ科アユ属

背面は青みを帯びたオリーブ色。胸びれの上に黄色い斑点がある。成魚体長20cm。流れのはやい中流でなわばりをつくる。その習性を利用した釣り方が友釣りである。
石につく苔(ケイソウ類)を口でそぎとって食べるため独特の香りがあり、塩焼きにしてタデ酢につけて食べるとおいしい。
曽爾川のアユは5月に放流したものであり、1月1日から5月末まで禁漁期間である。





◆ウナギ
ウナギ ウナギ科ウナギ属

背面は黒色で腹面は白い。成魚体長40〜50cm。アジア大陸東部に広く分布する。南の海で生まれ海流に乗って日本の川に入り、数年間くらしてから、卵を生むためにまた海に戻る。
昼は物陰に潜み、夜に活動する。貪食で、底生動物や小魚類を食べる。狭いところを好むので、チューブなどを入れておくと捕まえることができる。食べる機会が多いので、養殖が盛んに行われている。





◆オイカワ
オイカワ コイ科オイカワ属

背面は淡褐色、腹面は銀白色。成熟したオスの婚姻色は青緑、赤、黄色が出て美しい。成魚体長15cmぐらい。オスはメスよりも大きくなる。
中・下流域の瀬に多く見られる。食性は極めて幅広いが藻類を主に食べ、流下昆虫や底生昆虫も食べる。焼いて酢につけて食べるとおいしい。

曽爾での呼び名:アサジ(オス)、シロハイ(メス)





◆カマツカ
カマツカ コイ科オイカワ属

背面は淡褐色、腹面は銀白色。成熟したオスの婚姻色は青緑、赤、黄色が出て美しい。成魚体長15cmぐらい。オスはメスよりも大きくなる。
中・下流域の瀬に多く見られる。食性は極めて幅広いが藻類を主に食べ、流下昆虫や底生昆虫も食べる。焼いて酢につけて食べるとおいしい。

曽爾での呼び名:アサジ(オス)、シロハイ(メス)





◆カワムシ
カワムシ コイ科オイカワ属

背面は褐色、腹面は白色。側面の中央に黒くて太い縦条がある。成魚体長15cmぐらい。オスはメスより大きくなる。
成熟したオスの婚姻色は鮮やかで頭部下面と腹面は赤くなる。普段は淵や流れのゆるやかな場所に潜んでいて、水面に落下する陸生昆虫や水中を流れる水生昆虫を待ちうけて食べる。

曽爾での呼び名:アカムツ、アカモツ(オス)、ハイ(メス)





◆カワヨシノボリ
カワヨシノボリ ハゼ科ヨシノボリ属

黒褐色。成魚体長6cmぐらい。川の上・中流に住む。川の流れのゆるやかなところに住んでいて、お腹の吸盤でどこにでもくっつく。体は平べったく、頬の筋肉が発達している。
付着藻類や水生昆虫を食べる。産卵期は6〜7月で、メスの腹が大きく黄色になると石の下にタマゴを産み、全身黒くなったオスが保護する。

曽爾での呼び名:ゴリ





◆ギンブナ
ギンブナ コイ科フナ属

背面は緑褐色で青みを帯びた銀色の光沢がある。成魚体長15cmぐらい。雑食性で、昆虫や藻類を食べる。冬は水の底にじっとしていて春になると活動する。日本全国の川の中・下流、平地の支流や湖沼に分布している。
オスの数が極端に少ないのが特徴で、他魚の精子の刺激を受けて簡単に処女生殖をし、雑種とはならずギンブナとなる。





◆シマドジョウ
シマドジョウ ドジョウ科シマドジョウ属

淡褐色で十数個の黒い斑点が縞模様のように並んでいる。成魚体長10cmぐらい。口の上に2対、下に1対のひげがある。水のきれいな川の流れの緩やかな砂底に住む。
砂の中の水生昆虫や藻類を砂とともに飲みこみ、えらあなから砂だけを出す。手で強く握ると目の下にある棘で刺される。

曽爾での呼び名:カワドジョウ





◆ズナガニゴイ
ズナガニゴイ コイ科ニゴイ属

体は淡黄色で、小さな褐色の斑紋が背面と体に散在する。成魚体長20cmぐらい。口に1対のひげがある。中流域河川の流れのない砂底に住み、止水性のカゲロウなどの水生昆虫を食べる。ときどき砂の中に潜る。
産卵期は5〜6月で、砂底に産みつける。成熟したオスは体じゅうに追星(ぶつぶつ)があらわれる。

曽爾での呼び名:ウキカマツカ





◆スナヤツメ
スナヤツメ ヤツメウナギ科ヤツメウナギ属

体は黒褐色で、やや黄色の光沢がみられる。成魚体長20cmぐらい。口は吸盤になっている。1対の目と7対のえら口があるのでヤツメ(八目)といわれる。
幼生期間は3年で、4年目に変態してから食物は全く取らない。夜に活動する。産卵期の4〜6月にしかみつからない。
絶滅危惧種である。

曽爾での呼び名:ヤツメウナギ





◆ナマズ
ナマズ ナマズ科ナマズ属

黒褐色。成魚体長50cmぐらい。体にはうろこがない。口が大きく下あごが突き出て、口の回りに4本の大きなひげがある。
後頭部は平らで、背びれは小さく、尻びれは極めて長く、尾びれまでつながる。川の中流から下流の泥底に住む。夜に活動し、魚類や甲殻類を食べる。
ナマズは地電流に敏感で、地震の前に暴れ出すので、地震予知の参考となる。





◆ムギツク
ムギツク コイ科ムギツク属

背部は暗褐色で腹部は白く、その境目に黒色の鮮明な縦条がある。成魚体長15cmぐらい。ひげは1対ある。
水のきれいな河川中・下流域で流れの緩やかなところに住む。大きい岩の側面を単独で泳ぎ、そこに定着している水生昆虫を巣に入ったままで食べる雑食性の魚である。
ビンヅケの仕掛けの中にミミズをたくさん入れておくとこの魚がたくさんかかる。