利用ナビ
トップページ > 活動・プログラム > 利用ナビ > 施設の利用方法 
活動内容例
指導員の紹介
 施設の利用方法 

1.施設の利用のしかた
■みんなの使う施設です。正しく上手に使って、良いマナーを身につけてください。
●館内は上靴をはき、右側を静かに歩きましょう。 
●宿泊施設内の整理・整頓に努めましょう。
●宿泊室では飲食しないでください。
●寝具・スリッパ・清掃用具などは、次に使う人の身になって整理・整頓しましょう。
 
「来た時より美しく」を心がけてください。




2.宿泊室の利用
■各棟の宿泊人数(宿泊定員:400人)
さかな
6人部屋8室
 リーダー室(2部屋)

きのこ はな

むし  もり

とり  ほし

8人部屋6室

リーダー室

きのこ(3部屋)

はな・とり・もり・ほし(各1室)

むし(2室)

そら
8人部屋8室
 リーダー室(1部屋)

その他

やすらぎの部屋

布団10組
■寝具の整理とベッドの作り方
下図のように寝具を整理・整頓してください。




3.シーツ・寝袋の使用
■衛生と寝具の清潔を維持するために、シーツと枕カバーを必ず使用してください。
■受取
●シーツ等は、リネン室の棚に置いてあるので、引率指導者は貸出簿へ記入の上、各班の係へ配布してください。
●1人分は、シーツ2枚と枕カバー1枚です。シーツは、1束5人分(10枚)で枕カバー(ブルー)1束5人分です。
●不足のあるときは、予備の棚から補充してください。
■返却
●退所日の朝の清掃時間内に、使用済みのシーツ等をまとめてひもで束ね、返却用のかごに戻してください。(未使用のものがあれば、別にまとめて未使用分の棚に戻してください。)
●引率指導者は枚数を確認し、貸出簿に記入してください。




4.ベッドメーキング
■ベッドつくり
バット、毛布、シーツ、ふとんを組合せて、図のようにベッドを作ります。
■寝具のたたみ方




5.食堂の利用
■食堂は252席で、セルフサービスのバイキングになっています。
■割り当てられた時間を目安に、次の要領で用意してください。
(1)サンプルを見る。
(2)手洗い・消毒をすませて、4列(もしくは2列)で入る。
(3)お盆・食器をとり、盛り付けレーン上の品(自分が食べられる量 )を取り、団体名の札のあるテーブルに着席する。
(4)各自、給茶器、冷水器でお茶、冷水を準備する。牛乳は各自カウンターでコップに入れる。
●お代わりもできますが、極力残飯を出さないようにご協力ください。
■食事が終わったテーブルから、返却してください。
(5)はし,スプーン,コップは定められた容器に入れる。
(6)ビニールゴミ・紙や納豆の容器はゴミ箱に捨てる。(果物の皮や残飯は捨てない)
(7)お盆を置き、食器はシャワーで残飯や果物の皮を流してから洗槽へ入れる。
●テーブルをふきんで拭き、いすを整頓して出口から出る。
■その他の注意
●食堂内では絶対に走らない。
●水筒やポットの湯茶は、割当の食事時間内に入れる。




6.浴室の利用
男・女各浴室とも約60人同時にご利用いただけます。
■入浴の注意
●入浴のマナーをきちんと守る。(かけ湯をして身体を洗ってから入る。タオルなどは湯船につけない。身体をよくふいて脱衣場へ出る。)
●使用した洗い桶や腰掛けを整理して、忘れ物のないように注意する。




7.その他の施設の利用

■活動施設を使用する時は事務室へ連絡し、使用状況を確認のうえ許可を受けてください。
■クラフトホール(野外活動棟)・なかよしホール(生活文化体験棟)
●下靴をはいて移動し、ホール内は上靴を使用する。
●当所事務室に連絡して、用具の貸出・返却をする。
■野外炊飯場・屋根付野外炊飯場
●利用日前日か当日、事前に担当係の指導者は、当所職員から用具の使用方法・食器セットの番号や活動場所について説明を受ける。
●炊飯材料は食材受け渡し場で食堂職員から確認しながら利用者が直接受け取り、まきはまき置き場から団体ごとに用意されたものを各自持って行く。
●炊飯場倉庫から事前に指定された用具を準備し、活動にかかる。(説明用DVD有り。)
●借りた備品は、数や汚れについて当所職員の点検を受けた後、利用者が倉庫に返却する。
■キャンプファイヤーは、各広場に備えてある聖火台の上で燃やすこと。まきは燃やしきり、残炭はファイヤー用掃除用具(まき置き場近くの倉庫から持っていく)を使い残炭入れに集める。




8.清掃の方法
■宿泊室・廊下・階段は、電気掃除機やほうきを使ってください。特にベットの下や部屋の隅ずみは、念入りに行ってください。また、汚れなどは、ぞうきんでふいてください。
■便所・洗面所
●床はほうきではく。(水は流さないでください。)
●洗面所は、汚れがあれば、スポンジでこすり落とす。
●便器はブラシで、洗面所や鏡はぞうきんで、きれいにふく。
●汚物はビニール袋のまま取り出して、新しいビニール袋(レジ袋等可)を入れておく。
●トイレットペーパーがなくなった場合は、備え付けのものを取りつけておく。
■ごみの処理
●燃えるごみ(トイレの汚物、弁当の空き箱などのごみを含む。)は売店で専用のごみ袋を購入し、利用者玄関裏のごみ倉庫の中にいれてください。
●空き缶、空きビンは、売店で専用のごみ袋を購入し、分別のうえ利用者玄関裏のごみ倉庫の中に入れてください。
(ビンや缶の持ち込みは原則としてお断りします。持ち込まれた場合はできる限りお持ち帰りください。)
●持ち込んだ段ボールはお持ち帰りください。食堂から受け取った段ボールはたたんで食堂にお返しください。
●食堂で購入された食材の生ごみ(残飯)は、残飯用バケツに集め、指定の場所に置いてください。





 
独立行政法人国立青少年教育振興機構
国立曽爾青少年自然の家

〒633-1202 奈良県宇陀郡曽爾村太良路1170
TEL 0745−96−2121 Fax 0745-96-2126
Mail soni@niye.go.jp
(c)2008.NATIONAL SONI YOUTH OUTDOOR LEARNING CENTER All Rights Reserved.