国立曽爾青少年自然の家・トピックス&ニュース
山焼き後の曽爾高原




曽爾高原の山焼きを行って、はや1週間が経過しました。
毎年3月の上旬に真っ黒になる曽爾高原は、まさに春の風物詩ともいえます。ススキがなくなり見晴らしのよくなった曽爾高原からは、ハイキングをしている子どもたちの「ヤッホー」という声が聞こえてきました。
山焼きで出た灰は、新しく芽吹くススキにとって良い肥料となり、4月の中頃には新芽がすくすくと成長し、新緑の曽爾高原へと変化します。
真っ黒な高原を見ることができるのはこの時期だけです。皆様ぜひとも自然の家へ遊びに来てください。

「家族DAY⑥ そにでエンジョイ!アウトドア」



3月2日~3日、家族DAYが開催されました。全6回行われた家族DAYも今回でラストです。
初日は野外炊飯場の中で「いろんな色探しゲーム」と家族毎で火起こし体験をしました。
火起こし体験では「火打ち石」「マッチ」「チャッカマン」と色々な着火方法を用意しました。火打ち石はコツを掴むまでが難しく、たくさんの家族が苦戦していました。中には、アウトドアの得意なお父さんが別の家族の着火を手伝う姿も見られました。
火起こしができたら、おやつの時間。「バナナとチョコ」「巨大マシュマロ」を自分たちの起こした火で焼いて食べてもらいました。
夜はたき火と自由クラフトです。家族がそれぞれ自由に自然の家での夜の時間を楽しみました。
2日目はあいにくの雨のため、クラフトの続きとカプラ(積み木)で最後の時間を過ごしました。21日目ともなれば家族の枠を越えてコミュニケーションを取る姿が多く見られました。
家族DAYは来年度も少し形を変えて開催します。皆様の家族DAYへのご参加お待ちしております。

曽爾高原に春が来た!


今年の冬はいつも以上に暖かく,2月中旬以降,曽爾高原の気温が10℃前後を記録するようになりました。
本日,曽爾高原では春の風物詩『山焼き』が行われました。
この山焼きを行うことで,今年の秋までに新しいススキが芽吹くだけでなく,焼けてできた灰がススキの生育を助けることにもなるため,古くから地域の人々によって続けられてきました。
今日は晴天が広がり,高原の上の斜面から順に火が放たれ,徐々に多くのススキに火が燃え広がっていきました。
ススキが音をたてながら燃えていく様子は圧巻で,枯れススキで白色だった山肌はあっという間に真っ黒になりました。
山焼きによってできた真っ黒な高原から新芽が芽吹き,今年の秋に向けて立派なススキが育ってくれることが,今から待ち遠しいばかりです。

主催事業「サイエンススクール」を実施しました。






2月16日~2月17日に主催事業「サイエンススクール ~ワクワク★ドキドキ★科学の不思議を体感しよう!~」を実施しました。
この事業では、近畿大学 木村隆良名誉教授、近畿大学工業高等専門学校 鈴木隆準教授の他、近畿大学理工会化学研究会の皆さまを講師としてお招きし、科学実験や化学者との交流をとおして、子ども達の知的探求心や創造性を深めることを目的として実施しました。

液体窒素を使用した冷凍実験や、炎色反応を利用した特殊な色で燃えるロウソク作りなど、家庭や学校ではなかなか体験できない実験の数々に、子ども達の目は輝き、一生懸命にメモをしながら取り組んでいました。
合計6時間の体験実験、2時間のサイエンスショー観覧とハードなスケジュールでしたが、参加者にとって、充実した2日間になったと思います。

今回のイベントを機に、もっと科学に興味を持ち、将来につながる新たな目標を持った子どもが増えれば幸いです。

夢冒険 真冬にチャレンジ 3日目




「夢冒険」もついに最終日をむかえました。最後は仲間との絆をより深めるための「亀山登山」です。真夏の暑い時から始まった「夢冒険」もこれで終わり。初めはなかなか積極的に活動に入っていけなかったり,みんなとコミュニケーションがとれなかったりしていた子も、人間関係ができたからか率先してテント片づけに参加するようになったり,互いに声を掛けあいながら作業をおこなったりと、成長した姿を見ることができました。「亀山登山」後の片付けもテキパキと終え,予定時間よりも早く撤収することができました。
閉講式では、夏からの活動を振り返り,それぞれがこれまでの活動をとおして思ったこと,夢冒険が終わってからのこれからの目標をを自分の言葉にして発表しました。その姿は,初めて出会った頃の姿からは想像できなかったほど自信に満ちあふれていました。最後にみんなで「夢冒険の歌」を歌い,円陣を組んで「また会おうな!」「オォー!」と声を合わせ、夏から始まった「夢冒険」をしめくくりました。
これで「夢冒険」は終わりましたが,これからは学校生活,そしてお家での生活でこの「夢冒険」で学んだこと,身につけたもの,そして何よりもこの体験で得た「自信」を大事にしてそれぞれの舞台で頑張ってください!!
そして時々、成長した姿を見せに自然の家を訪れてくださいね。