国立曽爾青少年自然の家・トピックス&ニュース
事業案内 発送準備


令和2年度の事業案内が完成しました!
現在、奈良県内の小学生の皆さんに届くように、発送準備を進めています。
新型コロナウイルス感染症の影響も心配されますが、曽爾では皆さんの元気な笑顔がたくさん見られることを願っています!
新学期が始まったら学校で配ってもらいますが、手元に届くまで、今しばらくお待ちください!
皆さんからのたくさんの応募をお待ちしております!

新型コロナウイルス感染拡大防止の取組


3月25日から自然の家の利用を再開しました。
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、自然の家の食堂では、通常とは違った対応を取らせていただいています。
食事は各団体毎にテーブルに準備しています。子どもたちへの配膳は手袋・マスク・エプロン・三角巾をした団体の指導者の方にお願いしています。
また、密集状況を避けるため、テーブルで向かい合わずに1列のみを使って食事しています。
自然の家利用の皆さまには配膳などで大変お世話をおかけしますが、ご理解とご協力の程宜しくお願い致します。

そに森の子キャンプ~冬~その2




森の子キャンプ2日目は澄んだ青空のもと始まりました。

2日目は「野外炊事」を挑戦です。
前日おこなった「火おこし」をするのに班のみんなで木を集めるところから、
マッチで火をつけてみることにも挑戦しました。
自分たちが食べる分の食材は、包丁を使って切りました。
出来上がった「ちゃんこ鍋」を班のみんなで一緒に食べ、ほぼ「完食」しました。
食後は後片付けも頑張りました!

こうして2日間の「そに森の子キャンプ(冬)」が無事終了しました。
短い時間の中でしたが、それぞれが感じたことや学んだことがたくさんあったと思います。
それらをこれからの生活の中で活かしていってもらえればと思います

そに森の子キャンプ~冬~その1





今年度最後の「森の子キャンプ」が始まりました。

雪も時折ちらつく寒い1日でしたが、子どもたちは森の中にあるものを使い、思いっきり遊びました。
木を切る子、穴を掘る子、拾ってきた木の枝を使ってたき火をする子など、それぞれが自分で考えながら遊びました。
遊んだあとはご飯をお腹いっぱい食べ、夜は「たき火」を囲んでみんなでゲームを楽しみながら、
今日一日のしめくくりもしました。

今日はゆっくり休んで明日に備えます!

「曽爾でチャレンジ!家族day!④」を実施しました。



令和2年1月25日(土)~1月26日(日)の期間で「曽爾でチャレンジ!家族day!④」を実施しました。
今回は「むかしあそび」をテーマとし、1日目の日中は、羽子板の絵付け等を行い,完成した羽子板を使ってみんなで羽根つきを楽しんだり、けん玉やコマで遊んだりしました。
夜には星空観察を予定していましたが、あいにくの天候のため、「オリオン座の3D星図」づくりにチャレンジし、位置を確認しました。普段、空に見えているオリオン座の星々の配置を立体的に捉える事ができました。真剣にクラフトに取り組む姿が印象的でした。
2日目は「メタルマッチ」や原始的な「まいぎり式火おこし器」等を使っての火おこしに挑戦しました。普段は使わない道具で、火おこしの大変さを体験することで日常生活での火のありがたみを感じたのではないでしょうか。
 2日間という短い時間でしたが、いろいろな体験をとおして家族の絆が深まったのではないでしょうか。2月29日(土)~3月1日(日)で今年度最後の家族dayを実施予定です。皆様のご応募をお待ちしております。
(現在、絶賛募集中です!)